MotoGPコラム:”危険行為”に及んだフェナティの人間性矯正と競技の安全性確保は、喫緊の課題

MotoGPコラム:”危険行為”に及んだフェナティの人間性矯正と競技の安全性確保は、喫緊の課題

MotoGPコラム:”危険行為”に及んだフェナティの人間性矯正と競技の安全性確保は、喫緊の課題

MotoGP第13戦サンマリノGPのMoto2クラス決勝で、ロマノ・フェナティ(Marinelli Snipers Team)がレース中の危険行為により失格裁定、今後2レースの出場停止という処分を受けることになった。


レース中にフェナティがステファノ・マンツィ(Forward Racing Team)の横につけて彼のブレーキに手を出した動作は、国際映像にもしっかりと映し出されていた。
一歩間違えば挙動を乱す程度では済まず、重篤な事故に陥る可能性もあるような行為に意図的に及んだ以上、彼が上記のような処分を受けるのは当然で、その裁定に対してさえ甘すぎるという声があがるのも当然といえば当然だろう。


フェナティがこのような行為に及んだのは、それ以前にマンツィから接触を受け、自身が大きくはらんでしまったため、それに対する報復としてあのような挙に及んだのだという。
とはいえ、レース中の接触がたとえ無理矢理なオーバーテイクに起因するものであったとしても、仮にも世界選手権を戦うプロフェッショナルライダーならば、その不快感はあくまでレーシングインシデントとして心中に収めておくべき種類のものだろう。


フェナティは過去にも類似のトラブルを起こした前歴がある。
2016年のMoto3時代には、所属していたSky VR46のチーム関係者と諍いになり、シーズン途中に解雇をされている。
さらにその前年の2015年には、ニコラス・アヨに蹴りをいれ、彼のマシンに手を出してエンジンを停止させるという所行にも及んだことがある。


アヨと仲のいいマーヴェリック・ヴィニャーレスは、今回の一件について感想を訊ねられた際に「ストレート区間で他人のブレーキをいじるなんて考えたこともない」と不快感を露わにし、「(2015年に)ニコラスが受けた行為は、釈然としない」とも話した。


「才能のある選手だから、このペナルティで更正してほしい」と配慮を見せはしたものの、「こんな行為は尋常じゃないよ」と最後に述べた言葉が、おそらく彼の本心だろう。
この一件について訊ねられた他の選手たちもおしなべて類似の反応で、厳罰の妥当性に賛意を示している。


フェナティとは過去に何度か単独インタビューをしたことがあるのだが、平素の彼はいたって普通で、時と場を考えた〈お利口〉な受け答えをできる程度には賢明な青年、という印象があった。
だが、上記のような行為に及んだ例が一再ならずあることを考えると、彼は怒りで自制心を失ってしまうような性格の持ち主なのかもしれない。
おそらく、高速道路で他車を煽る危険行為に及ぶような人々と類似したパーソナリティで、自分の感情を抑制できない人間的な未熟さを残しているために、コース上であのような行為に及んでしまうのだろう、と推測できる。


であるとするならば、レース失格や数戦の出場停止程度の処分では、彼の行状は今後も改まらないおそれがある。
アンガーマネージメントなどの何らかの自己抑制プログラムに参加して修了することを義務づけない限り、今後も同様の行為が発生する火種はなくならない。


モータースポーツは「危険な競技」ではない。
危険が発生する可能性があるからこそ、最大限の対応を取って競技と選手の安全を図らねばならない。
それが、近代スポーツとしての最低限の骨法である。


今回の出来事が発生したサンマリノGPの会場は、2011年にレース中のアクシデントで逝去したマルコ・シモンチェッリの名が追贈されている。
また、2010年には富沢祥也の不幸なアクシデントも発生し、一般道からサーキットにアクセスする取り付け道路には加藤大治郎の名も冠されている。
さらに、サーキット近隣には昨年の事故で他界したニッキー・ヘイデンを偲ぶ記念碑も建立された。


過剰に感傷的なことを言うのは趣味ではないが、二輪ロードレースにとって重い意味を持つそのような会場でフェナティが今回の行為に及んだことを考えると、彼の未熟な人間性の矯正と競技の安全性確保は喫緊の急務といっていいだろう。
二輪ロードレース界はこれ以上苦い思い出を背負い込む必要はない。
その可能性が認められそうな場合には、速やかに危険を排除する対応を取るべきだろう。

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000009-msportcom-moto

「MotoGPコラム:”危険行為”に及んだフェナティの人間性矯正と競技の安全性確保は、喫緊の課題」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:18:08 ID:cd531b9ef

    取り返しがつかない大きな事故を起こす前に、今後の全レースの出場禁止が妥当かと思う。ぶつかった、当てた、押し出したとは違うレベル。犯罪性の強い怖さを感じる。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:27:21 ID:83da9c5c6

    最低な行為だ。ストレートでブレーキに手をかけるなんてありえない!今シーズン残り全て出場停止で良い

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:20:29 ID:380db74a7

    こんな公道やったら普通に犯罪やろ

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:39:23 ID:1d727682c

    動画見たけどこれスゲーな、全力でストレート加速する中、他のマシンの横まで近づいてブレーキ握るなんて相当な技術だと思う。風圧もあるし自分も転倒する可能性があるし普通の一般人には無理な行為、むしろそんな考えすら思いつかない。もっとこれをレースに役立てれば良いのに。

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:13:56 ID:e9fc0061f

    追放しないと死人出ますよ

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:27:12 ID:36302b281

    普通に永久追放以外無い。

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:33:02 ID:e0403e616

    この問題は尾を引きそうだね。

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:41:00 ID:5aa99aef0

    私はバイクが大好きです。レースも大好きです。だから絶対許せない。バイクに乗る資格無し。

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:44:18 ID:ed9b93e0f

    二度目なんでしょ?これはライセンス剥奪でもおかしくないよ

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:22:17 ID:805167efd

    これは選手登録抹消でもいいかな事情はどうあれかなり危険な行為やっては絶対にダメ

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:15:53 ID:27c7931c8

    70〜80年代のコンチネンタルサーカスでは駆け引きのひとつとしてよくあったららしい(横からて伸ばして軽くブレーキちょん掛けレベル)が、現代じゃアウトだな。

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:34:08 ID:ccfa8712d

    これは庇う余地が無い。

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:27:52 ID:c915a748e

    来年自分が乗るチームにやったのか。そしてフォワードレーシングやアグスタは来季フェナティ起用をよく考え直した方がいい

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:14:37 ID:5f7d3f173

    レースに限らず二輪に乗ったらダメな奴だわ

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:12:12 ID:0ddaef3e6

    ジャックナイフするやんw

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 21:20:11 ID:eb27a5f18

    矯正は既に無理と判断し、チームは強制解雇した。あとは、ライセンス剥奪だけ。

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:41:18 ID:b173622ce

    故意の犯罪では?

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:36:44 ID:66addcccb

    精神の病気なんじゃないの?

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:17:11 ID:a52edfec6

    映像見たけどかなり悪質でエグいよね。頭にくる事があってもレースの世界、限界で走ってる中でやることじゃない。才能があっても追放でいい。

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:08:41 ID:1496ea9df

    二度あることは三度ある追放処分でしょ。人間性、性格は変わらないよ。

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:46:24 ID:c13f78cfa

    この様な危険行為を見るためにレースを見ているのではない。

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 21:18:50 ID:12e800c04

    怒ると自身のコントロールができない人のようだ。厳しいかもしれないが、過去にもトラブルを起こしているのであれば、本当の悲劇が起こる前に追放した方がいい。いつ起きるかわからないけど、必ず大きな事故が起きる。

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:35:41 ID:3c9e41976

    ライセンス剥奪でも不思議ではない。

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:26:35 ID:49bf8e2c1

    こんな奴はモータースポーツ界から永久追放!!プロの資格はまったくない。

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 21:15:35 ID:3d6b33c4d

    これまでも危険行為などで所属チームから追放されているようだね。重大事故に直結するような危険行為をするライダーは永競技の世界から久追放されるべきだろうね。

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 21:11:26 ID:8463beb60

    これは人間性に問題あり!!以前から問題行動を起こして、クビになった経緯があったにも関わらず、やはり更正できてない。ということは、周りの大人も悪い!!トップライダーへのし上がるには、人間性が最も大事!!レースは孤独な戦いだが、あくまでチームプレイ。チームスタッフや関係者の思いを一緒に乗せて走る役目がライダーというだけ。このライダーはレースをしちゃダメだね。

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:27:53 ID:9a71823dc

    まあ、国際ライセンス剥奪が妥当でしょうね

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:36:23 ID:0f58e5440

    これは到底許される行為ではないだろ。即刻、選手登録抹消が妥当だと思う。

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:26:51 ID:02d59f3f3

    一生懸命書いたのに、、、この記事が載る前にチームからクビにされたはず。

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:27:45 ID:3aab7b3f6

    この選手みたいにアンガーマネジメントが出来ない一般人も免許剥奪出来ないかね?

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:23:32 ID:0e98d8d74

    腹がたったら、何をしてもいいなんてもし考えていたら、自惚れた小さな人に見れる。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:51:52 ID:877d0a2a0

    甘すぎ。カルが言ってる通りライセンス剥奪しないとダメ。ここでちゃんと前例を作らないと今後の為にもならない。チームはどうすんのかな?これで契約解除しないんならチームもチームだな。

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:55:12 ID:3af6713a1

    過去にも問題起こしているし、更生は無いだろうな人格なんかそう簡単に変えられないし追放でよいかと

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/10 20:04:10 ID:c0a84a394

    同情の余地は無し永久追放するべき

まとめ

同情の余地は無し永久追放するべき

以上、MotoGPコラム:”危険行為”に及んだフェナティの人間性矯正と競技の安全性確保は、喫緊の課題のまとめでした。


Source: Its a Sports World !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)